2019年09月08日

カイテイ舎第5回公演 を観て


   『 昔 の 日 々 』  作 ハロルド・ピンター  演出 松本徹

  日時  2019年8月30日(金)〜9月1日(日)  会場  人間座スタジオ

 観るに値すると言えばよいのか、良い舞台を観た感じの残る印象的な舞台だった。

 作品については、三人の登場人物が、それぞれに記憶を語って行く形で物語は進行して行くのだが、それが、ストレートには書かれていなくて、なかなか分かり辛くて頭の体操みたいになりがちだが、それでも内容についての興味は尽きることなく、時の流れと結末を追いかけているのである......面白い作品であった。

 これまでに観せてもらった作品とは一味も二味も違って、洒落た知的な今回のような舞台は、最近の京都の演劇界には見られなかったように思う。
 これも演出の松本徹氏の能力の高さを物語ってもいるのだろう。
 また舞台美術も良かった。
 また伊藤彩里さんという女優抜きでは、この作品は生まれなかったように思う。

           昔.JPG
posted by 人間座 at 15:22| Comment(0) | 日記

劇団つちの娘徒波公演 を観て


     『 赤 鬼 』   脚本  野田秀樹   演出  牧野知泉

   日時  2019年8月24日(土)・25日(日)  会場  人間座スタジオ

   【一言感想】

 野田秀樹のよく上演される作品で、以前にも別のグループの公演を観たことがあるが、その時はもう少し多いキャストだったと思うが、今回は4人だけで、メインの役だけでなく、次々と他の役をこなしながらストーリーを進行させてゆくのだが、所以に気が抜けなくて懸命に演じているキャスト達の熱演にひきこまれる、内容もよく伝わってくる凝縮された舞台であった。

            赤鬼.JPG
 
 今回は演出をやっている牧野知泉さんは、俳優としても優れていて、何時も良い作品を観せてくれるのだが、演出としても、なかなか工夫が凝らしてあって、彼女の新しい一面を見せてもらった思いだった。
posted by 人間座 at 13:56| Comment(0) | 日記

2019年08月20日

劇団ACT 夏の短編公演 を観て

 
      『 にはたづみの途方 』  総合演出  ふさつゾンビ

     日時  2019/8・10(土)〜11(日)   会場  人間座スタジオ
       
          公演中止
 

 公演が中止になる事がどういうことか━━━━その日のために、稽古を重ね、舞台上に必要なものを揃え、宣伝活動に駆け回り、みんな懸命になっていただろう━━━━それを一人のストーカーにより、つぶされてしまった。
 毎年、夏は短編集の企画で楽しませてくれる”ACT”さんの残念無念さは、いかばかりか。

 今世間を騒がせている「京都アニメ」の事件を考えて、事なきを得るための用心を取り、今回は先輩達だけに観せる形で、1回だけ公演された。
 優れた新しいメンバー達が入部されていて、最初の3人組の男性の作品には、頼もしさを感じたし、面白かった。
 きっとみんなももっと沢山の観客に観て欲しかっただろう。
 秋の公演に向けて頑張ってください。

            IMG_0016.JPG

IMG_0004.pdf

IMG_0005.pdf













posted by 人間座 at 17:08| Comment(0) | 日記