2017年08月01日

劇団つちの娘 初遭遇公演 を観て


      『 農 業 少 女 』    

              作・野田秀樹   演出・牧野知泉

       日時  7月29日(土)〜30日(日)    会場  人間座スタジオ

 百子と言う15歳の田舎娘が、東京に憧れ、家出して、その都会で、都罪と言う男に出逢い、彼の描く次々の夢に引きずられ、最後は都罪の主催する「都市農業の会」が、有機栽培で「農業少女」と言う米を作るとの夢を植え付けられ、彼女はその夢を実現させようとするのだが.....

 作家野田秀樹氏の作品は、現代日本の社会の恥部を見つめながら、それを笑い飛ばそうとしているような.....しかし何だか物悲しくて、切なくて、またリリカルで、少々難解なところもあって.....若い人達はこの魅力に惹きつけられるのだろう。
 出演者4名が、次々に役柄を変え、移り変わる場所に応じて、懸命にテンポよくストーリーを展開させようとしている真摯な姿が見て取れる、これは若い人達だからこそできる、爽やかで心に残る良い舞台だった。
 舞台美術も面白かった。
 
 演出の牧野知泉さんは、主人公の百子もやってのけられる能力のある人のようだが、これからもきっと人を驚かせる作品を創って行かれる事でしょう。これからの活躍を期待しています。

              P1030041.JPG
 
posted by 人間座 at 21:53| Comment(0) | 日記

2017年07月25日

シアターリミテ第21回公演 を観て


   『 ふうちゃんの結婚 〜燕のくる舎〜 』
          
                   作・演出 長谷川源太

     日時  7月21日(金)〜23日(日)    会場  人間座スタジオ 

 演者と観客が一体になった、心温まる良い舞台だった。 

 それにしても、長谷川源太さんの次々に執筆されている力作に、驚きと同時に敬意を表する。
 今回の作品は、知的障害者を通してその家族の絆が取り上げられていて、素直な気持ちで観せてもらった.....と言うか、何らの批評など必要のない世界だった。
 健全者であるが故に、障害者の気持ちの分からないところがあって、それを作者長谷川源太さんから学ばせてもらったと言うか.....。

 一つ気になったこと。
 主人公”光男”の友達、義昭は一度だけ電話の会話の中だけに登場するのだが、.....光男とは一緒に「電車」の写真を取りに行く程の仲良しみたいだのに、.....彼の妹が結婚すると言うことで、光男に絶交を言い渡したのは義昭の母親なのか?.....佐枝子のセリフになっていたのは何故か?.....義昭も障害者なのか?
 そしてこの事がどの様に影響して光男が変化して行くのか?.....というドラマの線よりは、やはり家族愛に重きをが置かれていたのだろう。

  益々の活躍を期待しています。

                  P1030039.JPG

posted by 人間座 at 10:46| Comment(0) | 日記

2017年07月19日

空降る飴玉社の面と向かってシアター を観て


      『 葡萄色ルージュと空っぽ愛のブルース 』
                  
               脚本・演出/ 加藤 薫

    日時  2017年7月14日(金)〜16日(日)  会場  人間座スタジオ

 テレビドラマを思わせる、誰の心の中にもすんなりと入り込んで来る、心温まる作品だった。

 ”恩”は、母親に見捨てられ、父親の愛情一つで育てられた。
 だがその父親も、新たな母と弟を迎え、自分から離れて行ってしまったような.....そんな”恩”の心は、「誰かと繋がっていたい、誰かの一番でありたい、私、何か間違ってますか?」と、彼氏を求めるのだが、彼氏からも振られてしまう。
 終電に乗り損ね途方に暮れていたところ、ゲイの”デラウエア”に声を掛けられ、ゲストハウス「サマールージュ」に泊めてもらうことになり、そこで”恩”は、”凛子”や”芙実”、それから一目惚れしてしまう”尚”に出会うことになる。
 そして”恩”は、昔”凛子”は、母親になる決心がつかずに、恋人の”尚”の子供を下したことや.....実は”デラウエア”は”尚”の弟で、男同士が愛し合うホモであることが家族に知られ家を飛び出していたが、偶然、誤ってここを訪れた”尚”と出会ったこと.....等々を知ることになり、様々な人間関係が交差する中で、”恩”は、もう一度、父や母の待つ自分の家へと帰って行く。

 脚本・演出の加藤薫さんは、なかなかのテクニシャンで、ストーリーは面白く、観客をぐんぐん舞台に引き付けて行く。それにキャスト達それぞれが、役に当てはまっていてとても観易く、良い舞台だった。

 一つ欲を言えば、加藤薫さんが、脚本・演出と同時に、”デラウエア”に出演していることだが、観客に分かり難いところがあったりしているので、演出助手を置いて、もう少し、客観的に見られていたらなと思った。

 それにしても年4回の公演を見事にやってのける「空降る飴玉社」に拍手を送ります。

               P1030035.JPG
posted by 人間座 at 12:28| Comment(0) | 日記