2019年09月08日

カイテイ舎第5回公演 を観て


   『 昔 の 日 々 』  作 ハロルド・ピンター  演出 松本徹

  日時  2019年8月30日(金)〜9月1日(日)  会場  人間座スタジオ

 観るに値すると言えばよいのか、良い舞台を観た感じの残る印象的な舞台だった。

 作品については、三人の登場人物が、それぞれに記憶を語って行く形で物語は進行して行くのだが、それが、ストレートには書かれていなくて、なかなか分かり辛くて頭の体操みたいになりがちだが、それでも内容についての興味は尽きることなく、時の流れと結末を追いかけているのである......面白い作品であった。

 これまでに観せてもらった作品とは一味も二味も違って、洒落た知的な今回のような舞台は、最近の京都の演劇界には見られなかったように思う。
 これも演出の松本徹氏の能力の高さを物語ってもいるのだろう。
 また舞台美術も良かった。
 また伊藤彩里さんという女優抜きでは、この作品は生まれなかったように思う。

           昔.JPG
posted by 人間座 at 15:22| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: