2019年01月30日

劇団紫 2018年度卒団公演 を観て

      『 不幸せの黒い鳥 』   脚本・演出  桜咲

    日時  2019年 1/26(土)〜1/27(日)  会場  人間座スタジオ

 先ず幕開きに、チルチル・ミチルの兄妹が出て来る。
 これはチルチル・ミチルの「青い鳥」の、「幸せと言うのは、案外身近な所にある」というメッセージが込められている話なのかなと思いきや、次に花屋の兄妹が出て来るのだが、こちらは「黒い鳥」を追いかけているという。 どちらの兄妹も大変仲が良い。
 そもそも「黒い鳥」とは何ぞや?
 「黒い鳥」は夜、人の夢に入り込み、その夢の主に究極の不幸を見舞うのだそうで、だから夢が醒めるまでに、殺してしまわねばならないのだそうだ。
 この二本の筋書きが何故交錯するのかという説明は、夢の中で活躍する師匠という男のセリフに、
 「誰かが幸せを感じる時、誰かがバランスを取るために不幸になる。」とある。
 つまり「青い鳥」は、「黒い鳥」を生み出すことになるようだ。

 花屋の妹は「黒い鳥」に襲われて消えてしまった兄の復讐のため、「青い鳥」を放ったチルチル・ミチルの兄妹を殺そうとするが、でも殺せなかった。

 台本を読ませてもらうと理解できるのだが、舞台では少し分かり難く、観念的に思った。
 でも2名の卒団生をしっかり支えていた、次を受け継ぐ後輩の姿が逞しく、飽きさせない良い舞台になっていた。

 卒団生の桜咲さんは、作・演出・出演と三役をこなし、よく劇団をこれまで引っ張って来られたと思う。
 また同じく井上智佳さんも大きな役を担って頑張っていて、この二人はいつも創造の中心であった。
 お疲れ様でした。

IMG_0104.JPG

posted by 人間座 at 13:05| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: