2018年11月22日

AJiMi WORKs の公演を観て


       『 聖 典 の 王 様 』   
                   脚本:高矢航志  演出:有働岬


     日時 2018 11.10sat-11.sun   会場 人間座スタジオ

 大変面白かった。
 役になりきって、生き生き輝いていた俳優達。
 螺旋階段を使いながら、複雑に絡んで行く人間関係をますます面白く見せて行く舞台美術。
 そして何よりも、世界の文学作品の中から取り出してきたその名セリフの数々を、主人公の心理に沿って嵌め込みながら描いてゆく巧みな台本。この台本無くしてはこの舞台の成功はなかっただろうと思えた。
 
 大手出版企業<帝央社>の取締役に若くして昇りつめた男。
 男は、幼い頃から”本を読め。本を読めば心が強くなる”と、社長である親父から言われて来た。
 そして日記をつければ頭の中を整理できると思い、日記も付けて来た。

 そして30年後の現在、男の使用人が書斎で偶然日記を見つけ読んで行くところから、話は始まる。.......

 社長の息子、長男と次男のどちらが企業を継いで行くのか、.........夢中になって、ワクワクしながら舞台に見入った。
 これは良く書けている台本を中心に才能が集まってできた素晴らしい舞台であった。
  
 「AJiMi WORKs」さんの旗揚げ公演。
 また頼もしい若い演劇人に会えて嬉しく、今後の活躍を期待しています。

             アジミ.JPG
posted by 人間座 at 14:48| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: