2018年09月24日

劇団つちの娘十五夜公演 を観て


     贋作『 ライ麦畑でつかまえて 』
 
         原作「ライ麦畑でつかまえて」J・D・サリンジャー
             脚本・演出  武士岡大吉 


    日時 2018年9月22日(土)〜23日(日)  会場 人間座スタジオ

 始まる前から、シーンと静まり返ったスタジオ内の空気。
 それは、舞台美術が何かを物語っていて、観客はこれから行われる芝居に、期待で胸を膨らませていたのに違いない。
 ススキの咲き乱れる荒地(大麦畑のようにも見える)を表してか、細く切った布が壁面いっぱいに垂れ下がっている。そしてその左右を白布が占めていた。
 虫が鳴いている。
 その中で、美しくて悲しい物語が展開されるのだが、これは愛の物語なのだろうか。

 観劇後も考えている、あれは何だったのだろうと。
 固唾を飲んで観ていたのだけれど、幻のように現れて、そして消えて行った感じがする舞台.......
 話されていることは抽象的な表現だから、分かったようでいて、漠然とした理解しかできないのだけれど、心が震え、舞台に釘付けになっていた。
 
 若い人達は、こんな美しくて輝いている作品を創る力があるんだと、頼もしくもあった。
 出演者もそれぞれみんな良かったし、作品に対して意気込みが違っていた。
 この幻想的な作品は、「私を捕まえて」と言うセリフと一緒に荒地で遊ぶ兄と妹の姿となり、懐中電灯で信号を送る最後の父と母の姿となり、等々、何時までも忘れられないものとなった。

 この舞台に対しての問いも解説も批評も必要ではないように思えて来た。
 その創造の場に居合わせただけで、得るものがあったのだから。

 素晴らしい作品を観せてもらってありがとうございました。。

つち.jpeg


 
 
posted by 人間座 at 21:06| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: