2018年09月23日

空降る飴玉社のreシアター を観て


       『 ランプアイの唄 〜from summer to from spring〜 』
    
               脚本・演出 : 加藤 薫   


  日時  2018年 9月14日(金)〜16日(日)  会場  人間座スタジオ   

 「 今作は、滋賀県の琵琶湖に浮かぶ有人島・沖島をモデルにした縹島で暮らす、小学校時代のクラスメイトと、その担任の先生を中心とした人間ドラマで、それぞれの登場人物の歩みを近くで見てくれ」と前説にあるが、数少ない島の子供らの、小学生から中学・高校・大学と成長して行く姿を、丁寧に描いている。

 これといって取り立てて、子供らの間に事件が起こるのでもなく、日々の暮らしの悩みであったり進路に対する迷いであったり、友人を好きになったりとの心の襞を、心優しい元教師が見守って行く。
 そして教師は暴風雨の日、子供を助けようとして湖に落ちて死んでしまうのだ。

 小さな島での様子が、生活が、どこまでも自然に沿って描かれていて、何とも言えない素朴な感じが伝わって来る、心温まる作品だった。
 
 舞台は、いくつかのサイコロ(箱)を組み合わせながら、いろいろに変化させ、場所を何個所も設定して行くのだが、しかもそれを出演者が同時にやっていて大変だと思うのに、手違いもなくスムースに劇は進行していた。
 しかし苦労している割には、場面が変わったようにはあまり思えなかった。

 またこの作品は、歳を経るというストーリーだから、出演者は歳と共に変化が要求されるのだが、狭い会場では観客も間近かだから、あまり変化が見て取れなかった。
 この時の流れを何かの方法で、もっとはっきり印象付けられていたら、時と共に移ろい行く子供らの姿が、はっきりしたように思うのだが、やはり全体的にはあまり変わり映えのしない印象だった。 

 何時も感心するのだが、作・演出の加藤薫さんは役もやってられて、しかも年に数回もの公演を打ち続けてられる。
 今が一番才能が輝く時なのだろうと思って、妬ましいかぎりだ。
 これからもゴリゴリ書いて発表して行ってください。応援しています。

飴玉社.JPG
 
posted by 人間座 at 20:03| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: