2018年09月11日

劇団めいろ 第3回公演 を観て


       『 白雪姫 』     脚本・演出  加島百菜

    日時  2018年9月7日(金)〜8日(土)   会場  人間座スタジオ
 


 「家庭とは、最小単位の牢獄だ。私達は産まれた瞬間から、額縁の中に飾られてしまった写真のようにそこから逃れられなくなる。」と作・演出の加島百菜さんは書いてられる。
 「いいこ、いいこ。本当に好い娘ね。」と言われながら育って来たに違いない彼女の、日頃の鬱憤がこの作品に込められているようだ。
 それも何んと、かの世界的にも有名な作品「白雪姫」を題材にして、それを現代版に置き起こしたとのことだが。

 ところでこの作品では「白雪姫」を次のように解釈しているようだ。
 これは初めて聞くのだが、”白雪姫の母親は継母ではなく、娘を慈しみ愛しむあまり、自分の思うようにならない娘に殺意を抱き、城から追い出した”というのだ。

 作品の内容は、母親と娘の日常生活上の葛藤が中心で、そこから逃げ出したいと悩む娘だが、学校の友人達や先生とのふれあいにより慰められ元気づけられて行くと言う筋書きで、 娘は母親に反抗する事も無く、何事も起こらない青春の日々が過ぎて行くと言うお話しだった。

 出演者の演技も素直で力みもなく良かったし、劇団めいろさんのカラーなのか、チームの醸し出す雰囲気は、優しくて美しく、温かさが伝わってくる良い舞台だった。

 何時までも、良い仲間と共に、演劇に携わって行かれる事を願っています。

             めいろ.jpg

 
    
posted by 人間座 at 21:16| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: