2018年07月11日

劇団ACT H30年度 夏の短編公演 を観て


     『 こんぺいとう 』     総合演出  丸えり

      1・ 『 Entrance 』   演出  越野佑其
      2・ 『 at home 』    演出  のえる
      3・ 『 かごめかごめ 』 演出  スタン・絆泉J
       4・ 『 あばずれ 』   演出  丸えり
      5・ 『 さいわい 』   演出  冷やし中華はじめました
      6・ 『 1人部屋 』    演出  丸えり(7日)  冷やし中華はじめました(8日) 


    日時  2018年7/ 7(土)・8(日)   会場  人間座スタジオ

  第一に感心したことは、短編とは言え、6本の作品を2時間に渡って並べ挙げていることだ。
 一般的には、『あばずれ』や『一人部屋』などは、それ自体で十分な長さと内容を持っている作品だが、それに加えて次々に繰り出されてくる作品は、それぞれが社会風刺が効いて面白かった。

 思い出すのは「ACT」の先輩達もゴリゴリと果敢に、難解な作品に取り組んでられた様子だ。
それが伝統のように受け継がれて行っているのだなと、頼もしく感じた。
 
 総合演出の丸えりさんが「(こんぺいとう という)公演名が明るいのに、公演内容が暗い」と言ってられるが、「現代」に生きる者たちに、何かを提示しようとすれば自ずと憂鬱な問題に行き当たり、暗い内容にもなろうと思うのだが.......
 そこで一つ、一歩引いたところから、内容を笑い飛ばす立場から演出すれば、また違った舞台にもなるようにも思うのだが......

 何はともあれ、新しいメンバーもたくさん入部され、パワフルな舞台が期待されそうだ。
 今後の舞台も楽しみにしています。

ACT.JPG
posted by 人間座 at 23:12| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: