2018年06月25日

アトリエ劇研シニア劇団 銀宴第5回公演 を観て

 
      『 雨 が 上 が れ ば 』
   
                 脚本・演出  田辺 剛(下鴨車窓)


   日時  2018年6月23日(土)/24日(日)  会場  人間座スタジオ

 チエホフの短編小説を3本並べたような.......。
 「小さな町のある喫茶店。テーブルごとに人生があり物語がある。
     梅雨にしては強い雨と雷が鳴るなかで描かれるひとときの人間スケッチ。」と前説にあるが。

 脚本・演出の田辺 剛さんは、第一番に目に飛び込んでくる舞台美術からして、観客の心を奪ってしまうようなセンスの良さで、全体的には都会的な洒落た素敵な舞台を創り出していた。

 店内の三テーブルに腰かけた人達は、この小さな町の住人か、または過っての住人であったか......。
 たまたま雨の日にこの店に居合わせたけれど、だからと言って深く繋がる訳でもなく、それぞれの今を生きる姿が浮かび上がってくるという優しくて美しい作品だが、......。

 演じる人が表面的、一面的に役をなぞるだけではなく、もう少し「人間」臭さというか、「役を生きる」ことができれば、作品にも深みが増して、もっと見応えのある作品になったのではないかと思えた。

 しかし、シニア劇団の人達だけで、これほどソツなく澱みなく、洒落た舞台を創り出せる田辺 剛さんの才能と指導力に、頭が下がり喝采を送ります。

シニア.jpg
posted by 人間座 at 21:08| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: