2018年04月19日

第一回 京都でコントやっています会 を観て


     『 君の名は。の周辺では。』 作・岡本昌也(安住の地)
     『 人生コント 』 作・西マサト(B級演劇王国ボンク☆ランド国王)
     『 夜勤くん 』 作・坂口弘樹(勝手にユニットBOYCOTT) 
     『 モデルルーム 』 作・福井裕孝
     『 バックハンドブロー 』 作・合田団地(努力クラブ)
     『 あの日見た山へ、登る。ひとり 』 作・向坂達矢(京都ロマンポップ解散中)
     『 仇討ちのコント 』 作・丸山交通公園ワンマンショー(丸山交通公園ワンマンショー)


   日時  2018年4月14日(土)〜16日(月)  於  人間座スタジオ

 京都の演劇界の、そうそうたるメンバーが集まって、なに面白い事をやってくれるのだろうと、観る前から期待でワクワク。
 その思いに違わず、何とも、ズッコケながらも、笑わせられる舞台であった。

 内容は、上記の7本のコントが間断なく繋がれて行き、全体的には90分位の、一公演として充分に見応えのあるものになっていたのではないかと思う。

 それぞれが個性豊かで、その役者が観客の前に立っているだけで、何かしらの雰囲気が醸し出されて来て、思わず笑いが生じて来る。
 それも大まかな話の筋運びはあるものの、役者が即興でその場合その場を切り抜けて行く様子だ。
 これは、裸になっても恥じない度量と自信を持った役者でなきゃ、出来ないだろうなと感心。
 中でも、『 夜勤くん 』が、少し面白さが勝っていたかな。

 この会の継続されて行く事を願っています。

   
posted by 人間座 at 22:32| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: