2018年02月28日

安住の地第二回本公演 を観て


     『 来世のご縁ということで 』  作・演出 私道かぴ

    日時  2018・2・15[THU] - 18[SUN]   会場  人間座スタジオ


 「安住の地」の旗揚げ公演、岡本昌也作・演出『渓谷メトロポリス化計画』の時にすでに感じていたことだが、この劇団の意気込みというか、劇団の掲げる高い目標が強く感じられる、斬新で、内容的にも大きな広がりを持たせた作品で、見応えのある舞台であった。

 「岡本作品」は、仮想の世界で想像した劇行為を組み立てることによって現代社会に対峙していたのに対して、今回の第二回公演の「私道作品」は、現実の生活から切り取って来たアップツーデートな事柄をふんだんに盛り込みながら、やはり現代社会に対峙している。
 同じ劇団の中で、作風の違う創造の主軸が二人もいて、それぞれが能力もあり、頼もしい限りだ。

 舞台はテンポ良い会話と、キャスト達の早変わり、踊りや歌あり etc. あれよあれよという間に観せられてしまっていた、面白い舞台であった。
 また、舞台美術のセンスの良さも、大いに作品を高めていたように思う。

 創立メンバーは粒ぞろいで、演技力もあり、これからこの劇団は、ぐんぐん発展して行くに違いない。
 京都にまた一つ、力のある劇団が生まれたことは喜ばしい出来事だ。
 
 今後の活躍を期待しています。

                IMG_8657.JPG

IMG_8740.JPG

 
posted by 人間座 at 20:01| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: