2018年01月30日

「ぐるり。×Super」 G。D 企画 を観て


      『 愛を讃える歌 』  作・演出  村崎逞

      『 囚人達 』   演出・振付  後藤禎稀

 

    日時  1月20日(土)〜21日(日)    会場  人間座スタジオ     

 演劇とダンスのダブルビル公演。
 ”二団体が同じ美術を使い、全く違う二つの世界を創り出す”というキャッチフレーズのこの公演。

 一本だけでも充分見応えのある内容だったが、何故二本を一緒に並べる必要があったのか。
 それは、これも”すごい!"と言わせる大道具、赤い格子と絡ませた遊び心がそうさせたのか、......一つはあの世とこの世の境とも見える格子、もう一つは娑婆と監獄とを隔てる格子となって、......演劇とダンスが独自の魅力で競い合うという実験企画で、面白さを生み出そうとしたのだろうか。

 演劇は、逢魔ヶ原という異世界を創り出して、そこで自由奔放に”愛”に遊ぶ趣向だが、時代劇がかった風俗も面白く、また幻想的で美しい儚さも出ていた。
 ダンスは、監獄に放り込まれた三人の囚人が、手足をロープで結わえられ、身動きもままならぬ中で、限られた動きを始める。
 これが果たして踊りと言えるのか.....ところが、この動きが意味を含み始め、いつの間にか最後まで見せられてしまうのだ。

 この企画を立てた長峯巧弥さんは、このメンバーを良く知りにいていて、......彼らは京都造形芸術大学に学んだ人達で、......しっかりと身につけた技術は、一定の水準を保った作品を創れると信じていたのだろう。
 エンターテイメントに富んだ楽しい舞台だった。

P1030121.JPG
posted by 人間座 at 18:11| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: