2017年11月24日

劇団FAX第5回オムニバス公演 を観て


        『 寒い冬が来る 』  作・演出 玉井秀和

     1作品 『 人は生きる、それでもなお 』
     2作品 『 さむい夜にはおでんが食べたい 』


    日時  11月18日(土)〜19日(日)   会場  人間座スタジオ

 何だかほっとするような、身近な感じのする短編が2本並べられた舞台であった。
 前回観せてもらった玉井秀和さんの作品、『贋作 蟹工船』とはガラリと様変わりしていて、このような作品も書かれるのかとびっくり。
 作品の内容は、市井の庶民の生活の一部を切り取って来て、テーマを「冬」に絞って、二本の短編をオムニバス公演として並べているが、1作目の、ごみ溜めのような路地裏で、煙草を吸っている二人の男の姿や、2作目の、掘り炬燵でおでんを食べる若い夫婦の情景の中に、「寒い冬」を身を寄せ合う人々の姿が、温かい。

 劇団FAXさんが掲げるモットーは、「日々の生活の中にある些細な美しさから世界を眺める」だそうだ。

 最近、京都の劇団でも、一公演で2千人もの観客を集めている所もあるが、それはそれで立派だなと思うのだが、また玉井さん達が今やってのけられている、毎月のようにあちこちで小公演を打ち続けながら、人々の心に浸透して行く作品を積み重ね行かれる道も、素晴らしいと思う。
 益々の活躍を期待しています。33535 (1).jpg33534.jpg
posted by 人間座 at 00:52| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: