2017年10月14日

劇団ソコなシッポ 旗揚げ公演 を観て


            『 丘の人魚たち 』
            
            作・演出  今田翔大

    2017・10・8(日)/10・9(月・祝)   会場 人間座スタジオ

 舞台全体から受けた印象は、爽やかで美しいものだった。

 作品の内容からではない、内容はむしろどろどろとした人間と人間の葛藤で、人を殺してまでも自分の願望を押し通そうとする人間模様が描かれている。
 交通事故で自分の子供を亡くした一人の女の復讐心から、家を放火され、大火傷を負った母親を亡くして行く三姉妹とその放火女の物語だ。
 登場人物は四人だが、その四人のキャストが揃って若くて素敵で美しい。
それに、それぞれの役柄にも合っているし、演技も等身大の素直な所から演じられていて、ストーリーの中にぐんぐん引き込まれて行く。
 それから、包帯でぐるぐる巻きにされた母親が、一本の棒のようになり、また魚となって水槽に浮かべられ......姉妹はその水槽に向かって話しかけるという、リアルではない奇妙な展開のされ方に、不思議な雰囲気が醸し出され、面白いと思った。
 そこで、この人間模様がどうして「丘の人魚たち」と言うタイトルになるのかと考えるのだが......この物語は全て仮想のお話と、作・演出の今田翔大さんは、ほくそ笑んでいるような気がする。

 劇団ソコなシッポさんのこの作品が旗揚げ公演だそうだが、若い新鮮な面々のこれからの活動が楽しみだ。     一瞬の花火のようではなく、継続されて行かれることを切に願っています。

                   P1030066.JPG


 
 
posted by 人間座 at 02:03| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: