2017年09月12日

劇団紫2017年度夏休み公演 を観て


       『 うさぎちゃん病 』  脚本・演出 はいじん

        日時  8/30(水)〜31(木)   会場  人間座スタジオ

 「うさぎちゃん病」とは、「寂しくなると死んでしまう病気」だそうで、だから ”思春期を迎えていない、心の状態が未熟な子供には発症しない” し、”誰にも愛されていない孤独なやつには発症しない” と、劇中で登場人物・うさぎちゃん病研究者に言わせている。

 ストーリーはこうである。
 舞の彼氏は彼方。
 彼方は舞に「冷やし中華」を作ってやると電話をかけた後、通(り)魔によって、ナイフで刺され殺されてしまう。
 舞をストーカーする和樹。
 和樹は悲しみに沈む舞の心に、彼方に代わって入り込もうとする。
 和樹から愛されれば愛されるほど、舞の「うさぎちゃん病」は悪化し、彼女は死んでしまう。

 演出のコメントには「この話は一応コメディです。自称コメディです。コメディのつもりです。最初から!最後まで!笑って観て頂きたい作品です。」とあるが、舞台からは笑えるほどの強い気迫も雰囲気も感じられなかった。
 むしろ何だか弱々しくて暗い感じがした。
 これは、悲惨なストーカーの暗い姿が、大きく浮かび上がって来る作品ではないのか?
 和樹役のじーこさんも、ストーカーの雰囲気を良く出していたし、彼方を殺した通(り)魔は和樹ではなかったのかと思わせる。
 その他にも 兎と亀や、研究者AとB の二人の恋愛感情を匂わせた件も絡ませているのだが、やはり舞と彼方と和樹の一件の方が強く印象に残ってしまうのだ。

 同じ作品でも演出によって全く違った舞台になるものだから、もっと遊びの要素を取り入れて工夫を凝らしたら、喜劇的にもなったのかも......ともかく笑いを取るのは難しいと思うが、......
 新しい部員が沢山増えていて、これからが楽しみだ。頑張ってください。

P1030062.JPG
posted by 人間座 at 11:15| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: