2017年07月11日

劇団ACT 夏の短編公演 を観て


          『 クリームソーダの泡 』    総合演出  ういもなか
    


  1・『 姉弟 』 2・『 浮つく寝室 』 3・『 アトムより 』 
           4・『 エアメールの嘘 』 5・『 一人部屋 』 

 


          日時  7月8日(土)〜9日(日)   会場  人間座スタジオ     

 実に爽やかな良い舞台だった。
 エンターテイメントの舞台が歓迎される近頃、まずは作品の内容に誠実に迫ろうとしている姿勢が見える。
 これは劇団ACTさんの従来からの目指す方向性でもあり、こうしてしっかり受け継がれて行くのだな。
 観客に作品の中身をしっかり届けようとしているのだ、しかも自信を持って。
 今回は5編の短編が並べられてあるが、どの作品も最後には一捻りの落ちがついていて、「大人の目線」を持った、観客に「現代」を感じさせる作品になっている。それも演技だけを頼りにして。
これは俳優修業には良い勉強になるだろうな。

 5作品の中では、上級生の『姉弟』と『一人部屋』が見応えがあって面白かった。
それにしても新入部員から1、2年で、演技者としてもぐーんと成長されているキャスト達に目を見張るばかりだ。
それから、良い作品を書いたり演出したりして劇団を支え、後輩の指導に当たっている小見川風弥さんをはじめ、劇団ACTの皆さん、次の舞台も楽しみにしています。

              P1030030.JPG
posted by 人間座 at 12:10| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: