2017年03月23日

劇団ザバルーン☆本公演 を観て


     『 英雄狂想曲 2 』 〜裏切りの真実〜

    作・土井誠啓   演出・すぎもとゆうたろう

         2017年3月18日(土)〜20日(月)     人間座スタジオ

 前座から、まず、びっくり。
 京大生のプロを目指す漫才コンビが、「さすがに」という軽快な話術で観客を引き込むという企画のアイデアに、この劇団ザバルーンが目指す方向が窺えるような......
 本舞台もエネルギッシュで、観客を飽きさせないとの意気込みが感じられる、工夫の凝らされた好感の持てるものだった。
 これからもっと演技術も積まれて行くと、世間からも認められて行くに違いない、期待しています。

 作品の内容は、「特殊能力者による犯罪を捜査する為に結成された組織、ヒーローズが、一年前に逮捕したテロリスト集団が、脱走し行方をくらまして一年、悶々とする日々。.....組織の一員である酔挙の使い手である十海大介の前に、一人の女性が現れる」 というところからはじまる、正義と悪が入り混じる、英雄活劇第2弾。
 殺陣あり、中国武術あり、歌あり、ダンスあり、 稽古もよく積んであって、楽しい舞台だった。

_MG_2122.JPG



posted by 人間座 at 11:26| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: