2017年03月15日

演劇ゆにっと 白いるか 旗揚げ公演 を観て


      『 朱に眠る 』  
 脚本 西山かなめ  演出 鍋田幸治


       日時  3月11日(土)〜12日(日)     会場  人間座スタジオ

 近頃の若い人達の舞台は、その作品で何を言いたいと言うことよりも、エンターテイメントが重きをなし、やる側も観る側も楽しむと言うことのようだ。

 作品の内容は、幕末の新撰組の隊士・上本慎介の生き様を描いたものだが、彼は何故仲間を裏切らねばならなかったのか......
 郷の親や兄弟を助けてやりたい、守ってやるために、間者となって、新撰組の動向を密告する......
その裏切り行為が発覚し、彼は切腹を命じられ死んで行くのだ。

 ストーリーそのものは目新しいものではないが、企画のユニークな点は、女性陣で新選組をやろうとしたことか。
 これがやりたかったのだろうと思えるような、特訓を積んだ殺陣は生き生きとしていて、それを観ている側も楽しいと思える舞台になった。

 「白いるか」の旗揚げ公演だそうですが、これからも自信を持って続けて行ってください。
 期待しています。

               P1020446.JPG
posted by 人間座 at 09:14| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: