2017年03月09日

劇燐「花に荒らし」点火公演 を観て


     『 落ち行く 光に願いを 込めて 』
             脚本・演出 出町平次IMG.pdfIMG_0001.pdf

        2017年3月3日(金)〜5日(日)    会場  人間座スタジオ

 話の内容がよく分かったのかと聞かれたら、分からないところもあるのだが、それでも面白いと思える舞台だった。
 脚本・演出の出町平次さんは、独特な鋭い感性でもって、「現代」を捉えようとしている、才能のある人のようだ。

 大都会の真ん中、渋谷の109の上から、今日も5人の少女が身投げする。
 それをまた、後片付け・掃除をする、マグロ拾いと言う仕事をしている女達がいるのだ。
その中の一人が「なんか、最近死にたいって言うか...生きるのが向いてないんじゃないかなぁーっなんて、思ったりして」というセリフで始まるこの劇は、「現代社会」の汚物の溜りの中で、病んで行く「心」を、描こうとしているのか。
 しかもそれがリアルな方法ではなく、亡霊の出て来る死後の世界を織り交ぜながら観客を不思議な世界へ引き込んで行く。6体の顔も手も足もないマネキンと、舞台いっぱいに置かれた段ボール箱、....舞台はそれだけなのに。
 やがて渋谷109は不幸の象徴だとして壊されることになり、そこにユートピアを造ろうとするのだが....どこまで行っても理想郷はなく....「結局、逃げ場なんかどこにもなかったんですよね。どこに行こうと、何しようと、自分の本質が変わるわけじゃないんだから」と言わせて、街はまた繰り返しその不幸を孕み続けて行くだろうし、女達はその中で、独楽のように回り続けているだろうと結んでいる。
 また演出も斬新なアイデアで構成されていて大変良かった。

 出町平次さんの今後の活躍を期待しています。
         P1020442.JPG

 
  
posted by 人間座 at 22:26| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: