2019年11月04日

B級演劇王国ボンク☆ランド VOL.7 公演を観て


     『 まるだし純情フォークロア 』  作演出:国王 西マサト

   日時  2019年10月25日(金)〜27日(日)  会場  人間座スタジオ

 「ここ数年王様は何をしていたのか。」
 西マサトの王様は、他劇団への客演で、楽しそうに役を演じていた。
 彼が一枚加わると、舞台に厚みが増し、しかも面白さが噴出してくるのだ。
 誰もが王様の魅力を良く知っていて、声がかかり、あちこち出張している中に日が過ぎて、この度やっと自分の作品に取り掛かれたのか。

 西マサトさんの作品は、主人公の役職が何に変わっても、彼自身の生き様が、.....嘘偽りのない、本音が、身を削るように、血を吐くように一生懸命に作品の中に込められていて、心打たれる。

 初期の作品『熱血刑事 ストーリー フォ ザ サン』(面白かった。)を観せてもらった頃からは、今回の作品は、少し大人になって、抑制の効いた作品になってはいるが、それでもやはり変わらないのは、「私」=「西真人」という人間を掘り下げて行く姿勢、それは一つの形式となって、私小説のようでもあるが、魅力にもなっている。
 また西マサトの王様は貴重な良い俳優でもあり、1ファンとして、これからも舞台を創り続けてもらいたいと思っている。

IMG_0038.JPG

 
posted by 人間座 at 16:33| Comment(0) | 日記