2019年08月03日

劇団抜きにくい釘 第1回単独公演 を観て

 
     『 Pot Putting Princess 』   脚本・演出  蒼樹 知之

    日時  2019.7.27(土)〜7.28(日)  会場  人間座スタジオ

 

  【一言感想】

  楽しかった。
 本編の『Pot Putting Princess』は元より、『短編の『朝のあとさき』も『冬にたなびく』も、全てにおいて観客をもてなす精神が行き渡り、どこにも手抜かりがなく、楽しませようと努力して工夫を凝らした好感の持てる舞台だった。
 この劇団のスローガンは、「お年寄りから小さいお子様まで楽しめる」舞台だそうで、それからしてプロ劇団のようであるが、目指しているのはそこで、劇団体制を固めて始動しだしたのだろうか。
 学生の頃から”未踏座”で培ってきた演技力を身につけたメンバーたちの、今後の活躍に大いに期待すると共に、作品内容が、単純ないつかどこかで聞いた話だけに終わらせずに、独自の新しい解釈もあってはどうかと思われた。
 
          IMG_0014.JPG
posted by 人間座 at 14:22| Comment(0) | 日記