2019年01月05日

かんから館 第38回公演 を観て

 
       『 消えます。』    作・演出  川村武郎

   日時 2018年11月30日(金)〜12月2日(日) 会場 人間座スタジオ

 


 作者の川村武郎さんがこれまでに辿って来た過去と、これから辿るであろう未来を見据えて、その岐路に立って「消えます」と心境を吐露されたようにも聞こえる題名。

 「消えたい」=「死にたい」と言う、「死」に対する問答になって来るが、でもそれを深刻に表現するのではなく、男女の関係に置き換えて、面白おかしく、華やかに、歌もバックに取り込んでまとめられている今回の作品。

 いつも感心させられるのは、作者は何の気負いもなくサラサラと,しかも楽しんでいるようにも見えるが、一編の作品を書かれている。
 それは職人芸のように巧みで、あまり苦しまずにどんどん筆が進む天才肌のタイプのようだ。

 舞台美術良し、若い演技者も臆するところがなくのびのびとした演技は、有無を言わさず観客を納得させてしまう。
 それから川村さんは指導者としても優れているようで、若い人達をひとつに集中させて舞台を創り上げているが、いい雰囲気を醸し出している。。

 次回はどんな作品だろうと、一作毎に楽しみだ。
 
posted by 人間座 at 20:50| Comment(0) | 日記