2019年01月04日

Nkayubi-9 公演を観て


   「 象徴の詩人; My Dad was God 」   作・演出  神田真直

 日時  2018年11月23日(金)〜25日(日)  会場  人間座スタジオ

 舞台は、強いインパクトで、観客を捉える。
 舞台美術しかり、演技者の演技しかり、作品の内容しかり.......。
 
 「朕は神なり」と宣うた昭和の世は去り、「朕は人間なり」のその平成の時も去ろうとする現在、次の<時代>を受け入れる準備のために、振り返らねばならない過去。

 「探しているんだ! 亡くしたんじゃない! どこかにあるんだ!」等々......いろいろな意味が含まれている言葉、言葉が、飛び出してきて、心に響く。
 でもそれは、はっきりくっきりしたイメージがあるものではなく、ただ重苦しい憂慮だけが心に残る.....ポエムのように。

 作・演出の神田真直さんは、沢山の書物の中から文章を引き出してきて引用し、積み重ねながら作品の内容を深めていく。
 それが日常会話としてではなく、人生哲学の意味合いが濃い問答となって語られていて、難しくて分かり難い。
 どれだけの観客がこれを理解し、称賛するだろうかと思えるが、こんなにも切々と時代を憂う自分の思いを
述べる若いフレッシュな思考に、感心し、感動するばかりだ。
 それにしても演技者は、この一筋縄では理解できない台本を、よく覚えたものと驚いた。

 人に受け入れられないのは辛いものだということは、誰でも経験して行くことだが、それを跳ね返しながらやり続けて行くことこそ、力になるのではないかと思います。頑張ってください。

              なかゆび.JPG
 
posted by 人間座 at 13:21| Comment(0) | 日記