2019年01月17日

幻灯劇場五周年記念公演第一弾 を観て


        『 盲 年 』      作・演出  藤井颯太郎

  日時  2019年 1月12日(土)〜13日(日)  会場  人間座スタジオ

 「舞台は大阪・八尾。ある誘拐事件に、それぞれ関わりを持ってしまった四人の男女。互いの距離が近づくにつれ「記録」と「記憶」がすれ違い、不可解な事件のすべてが、盲目の少年に繋がっていく。」とStoryにある。

 当時、5歳だった少年は何者かに誘拐され、15年間行方不明であった。
 ところが成人になって、突然地下鉄のホームに現れる、白い眼帯をして。
 
 この盲目の青年の出生が問題で、それが紐解かれていく形でドラマは展開していくのだが、「ゴム」遊びという非情な中から生まれて来たと装いながらも、悲しくも切ない男女の関係が明かされてゆく。
 しかもそれがシュールレアリズムとして描かれていて、不思議な、幻想的な世界を浮かび上がらせていた。

 黒と白で統一された舞台の中に、駅のホームがリアルに映し出され、現実に引き戻しながらもなおクールに人間の心情を描き切ろうとしている作・演出の藤井颯太朗さんの、作品に対する毅然とした態度が感じらる、斬新で優れた舞台であった。

 ( この作品で、大阪の八尾という具体的なものは何も無かったように思うが、どこでも良かったのではないだろうか。それの方が普遍的で広がりを持つように思った。)

 五周年おめでとうございます。
 逞しく成長された幻灯劇場に期待し、応援しています。

            幻灯劇場.jpg

 
 

posted by 人間座 at 18:50| Comment(0) | 日記

2019年01月07日

人間座 新年のご挨拶


             IMG_0001.jpg

          
posted by 人間座 at 10:40| Comment(0) | 日記

2019年01月06日

トイネスト・パーク Fifth Parade を観て


          HUGO TOYS      脚本・演出  坂井美紀

   Days  2018/12/21(金)〜24日(月・祝)  Place  人間座スタジオ

 この作品の中で、よく伝わって来ないところがあるのが、実際の舞台を観て分かった。
 と言うのは、前にこの脚本を読んでいて、その時にはその点に気づかず面白いと思っていたのだが.......。

 脚本を舞台化する時に困難なのは、制約の多い舞台では、自由奔放に書かれるファンタジーな世界は、場面がクルクル変化して、街になったり、海になったり、クジラの体内になったりするために、いろいろな工夫を凝らさねばならない。

 しかし、その点は何時も感心なことに舞台美術は本格的に組まれていて、その上に音響や照明なども加わり、歌やダンスもふんだんに組み込まれていて、話は進行して行って楽しい。

 ところが、ストーリーの中で一点、”ブルーフェアリー”と言う願い事を叶えてくれる青い星が、何故か海の王様のモンストロに食べられてしまったというところが、説明されていないがために、話の全体を分かり難くしているのではないだろうか。
 ”ブルーフェアリー”は一体何者なのか? 神様なのか?

 ヒューゴ・トイズの三体の人形は、おもちゃ職人ヒューゴによって、魂を込められて作られた。
 彼の死後、娘のエマはバラバラになってしまった三体を探して、それに父の願いでもあったマリオネットのノアを、本物の人間の子供にするために、”ブルーフェアリー”を探して旅に出て、海に行き着く。

 そこでエマはクジラのモンストロに飲み込まれる。

 そこからどうして逃れられたかという所が、話のクライマックスになるのではないかと思われるのだが、同じくモンストロに食われたはずの”ブルーフェアリー”に助けられるというのだが、そこが舞台上も迫真力に欠け、説得力が弱いように思えて残念だった。

 でも何時も楽しくて、可愛くて、素敵な舞台を見せてくれてありがとうございます。

            IMG_0002.jpg





 
 
posted by 人間座 at 17:17| Comment(0) | 日記