2018年10月23日

劇団紙ひこうき 第1回公演 を観て


      『 遠くに街がみえる 』  
               脚本・演出  高杉征司(サファリ・P)


  日時  2018年10月13日(土)〜14日(日)  会場  人間座スタジオ

 近頃のシニア劇団には目を見張るばかりだ。
 どこの劇団も競って良い作品を発表されていて、頭が下がる。

 今回の”紙ひこうき”さんも、指導されている人が優れている所以だろうが、定期的に積み重ねられている勉強と訓練が見て取れて、舞台全体は隅々まで目が行き届き、しっかりとした見応えのある良い舞台になっていた。
 一言。
 還暦の同窓会で、思い出の学生寮に集まった女性4人が、そこで一夜を明かすうち、18歳当時の寮生活のエピソードのいくつか、恋愛問題で悩む者や、家庭問題から寮を去って行く者等々、また自分が何故この学生寮に入りたかったのかの記憶が甦って行くストーリー。

 舞台では、回想シーンに若い俳優が18歳の寮生として登場して来るのだが、力強くて、テンポも速く、劇的緊張感も増して大変良かった。
 と思う反面、還暦の4人が、過去に戻って18歳を演じる下りは、若い俳優とのギャップが大きくて、すなわち、生徒の親が出て来たように見えてしまうのだが.........
 これも意図されたものかも知れないが、「失ったもの」それは「若さ」 を感じさせていた。

 ”思い出の学生寮も間もなく取り壊される”という所でこの作品は終わっている。
 何だかチェーホフを思わせるような、人生を考えさせられる心温まる作品を目指されているような作者で演出の高杉征司さんに、拍手を送ります。

紙ひこうき.JPG 紙ひこうき2.JPG

 



 
 
posted by 人間座 at 16:07| Comment(0) | 日記