2018年06月05日

劇団明日の鳥 2018年度新歓公演 を観て


       『 こ こ だ け の 話 』    
              
                脚本 高橋いさを  演出 南山拓実


          5/31 & 6/1     @ 人間座スタジオ

 京都府立医科大学総合芸術部の”劇団明日の鳥”さんの舞台を、初めて観させてもらったが、なかなか落ち着きのある、奥行と幅の感じられる、見応えのある舞台であった。

 作品の内容は、「3年前に訪れたホテルの一室を再訪し懐かしむ男の元に、突然ウェディングドレスの女が飛び込んできて、”あなたがあたしをしばらくここに置いといてくれれば、一人の女が不幸な結婚をしなくてすむんです”と乞う」ところから始まる、何とも滑稽な話で、登場人物は三人のみ。

 で、対話だけでもって観客を劇の世界へ引き込んで行こうという、......それは大変難しい技術を要すると思われるのに、そんなことなど少しも臆することなく、自然体で役の中に入り込んで役を生きてゆく、そのおおらかさ、......観客に迎合することなく、全員で劇行為を追って行く姿勢は好感が持てたし、舞台は適宜な緊張感を持続しながら最後まで楽しませてくれた。

 劇団は2000年に結成されたそうで、18年の歴史があるのだが、しっかりと演劇に向き合って探究されて来てられるのだと知る。
 この良い伝統が、これからも継続されて行かれることを、願ってやみません。

                  P1030381.JPG
posted by 人間座 at 20:07| Comment(0) | 日記