2017年12月12日

総合学園ヒューマンアカデミー京都校 2017 第一期生卒業公演 を観て


         『 ミス・ダンデライオン 』

       原作:梶尾真治  脚本:成井 豊  演出:山田かつろう
 
   


    日時   12月9日(土)〜10日(日)   場所   人間座スタジオ

 良い舞台だった。

 作品は、かの成井豊の若者に好かれてる作品で、時限が過去や未来に飛び越えて行く純愛物語だ。
 全てが落ち着いた中で、澱みなくストーリーは運ばれて、観客はぐいぐい舞台に引き込まれて行く。
 出演者は自分に与えられた役割をしっかり把握し、それぞれが個性的に役を演じながら、一本の「作品」を全員で創りあげている。見事なものだ。

 やはり、二年間の学園の指導が、行き渡っている感じがする。
 この様な学校が、京都に浮上して来たことに、驚いている。
 この学園から、どんな俳優が送出されて来るのか楽しみだ。

 今日出会った俳優の卵の皆さんは、素質のある人達だと思ったが、これも温かい学園の中だからこそ「美しい」ものが創れるのであって、世間の荒波の中に出てはそう上手く行かないかもしれない。
でも、その素質が伸ばされることを切に願っています。

               P1030103.JPG
posted by 人間座 at 20:52| Comment(0) | 日記

2017年12月10日

Toynest Park ☆ Third Parade を観て


    『 HYPNOSIS HOSPITAL 』  脚本・演出 坂井美紀

    日時  2017年12月1日(金)〜3日(日)  会場  人間座スタジオ



 作品内容は.....ここは、どんな病も絶対完治!を掲げている病院、ヒプノシスホスピタル。院長先生は凄腕の名医だそうで、ここに集まってくるのは、悪魔や妖精、アンデット、透明人間など.....
 作・演出の坂井美紀さんの作品は、幻想的で不思議な世界だ。
 リアルな人間界の話ではないが、そこにも一筋縄ではいかない、いくつかの糸が絡み合ったロマンスの花を咲かせている。
 そして、舞台美術、衣装、メイクetcにもコダワリを持って工夫が凝らされ、観客をわくわくさせながら舞台に引き込んでしまう。
 また、フレッシュで若さいっぱいのキャスト達も、歌あり踊りありで、懸命に舞台を盛り上げようとしていた。

 観劇後、台本を読ませてもらったが、なかなかしっかりとした構成で書かれているのに感心。
坂井さんの舞台はよく観せてもらっているが、台本は初めてで、これは演出によってもいろいろに創造出来る
本格的な作品を目指している、その意気込みが感じられた。

 一つのカラーをしっかり持っている坂井美紀さん、益々のご活躍を、期待しています。

               P1030090.JPG

   
posted by 人間座 at 11:18| Comment(0) | 日記