2017年04月05日

熊の宅急便企画 第五回公演を観て


      『 ようこそ、ご先祖様御一行 』      
      * 著・演出 *  木下 航 

      日時  3/31(金)〜4/2(日)   会場  人間座スタジオ

 「やろう」としている人間が、作・演出・出演と一人で八面六臂の活躍する姿を、木下航さんにも見て取れるのだが、絵画や小説などと違って、一人では出来ない演劇は、なかなか思い通りにはならないだろうに。
 それを、5回の公演を重ねて続けて来れたのは、自分自身に頼むところもあるだろうし、それだけ演劇が好きなんだろうし、また才能のある能力の備わった人だと思う。今後の活躍を期待しています。

 作品は、科学が進んだ未来の社会とか宇宙とかを舞台にしたSFで、木下航さんは「宇宙」が好きらしく、以前にも宇宙に憧れる男のロマンを舞台にした作品を観せてもらったが、鮮明に印象に残っている。
 今回の舞台は、これといった舞台道具もない中、歌や踊りや、仕掛けもなく、5人のキャスト達がセリフでもって観客を引き付けて行こうとするものだが、粒の揃った良いキャスト達が、それぞれの役割を十分に果たしていた。
 「この地球の全てを食い尽くした人類が、新しい惑星を求めて、宇宙移民船に乗って脱出して行く。が、降り立った星にも知性体が存在する」と言う内容は、「現代社会」への問いかけともなって観客に届くものであり、笑いながら観られる楽しい舞台だった。

                 P1030005.JPGIMG_0003.pdfIMG_0004.pdfIMG_0004.pdf

posted by 人間座 at 03:44| Comment(0) | 日記