2015年08月11日

LIFE REACTION DANCE PROJECT Falling Star の公演を観て


     FALLING STAR SHOW CASE 

       2015年8月9日(日)    人間座スタジオ

 子供達のダンススクール「フォーリングスター」の第一回発表会だと聞いていたが、その公演に、このスクールの指導者である西澤龍太、亜紀さんをはじめ、各方面のプロのパフォーマー達が集結し、舞台狭しとその芸を披露、二時間たっぷりの充実した見ごたえのある楽しい舞台を創り上げていた。
 さすがに磨かれた技術、ブレイクダンスやフリースタイルフットボールetc、若さ溢れる、しかも美しくて軽やかで、素敵なショータイムの間に、子供達の懸命に踊る姿は、何ともほほえましく、こんな時からダンスが好きなのだなと感心、将来はダンサーになるのだろうか........

 なにしろこれからが楽しみな、「西澤組」ですね。期待しています。P1020100.JPG
    
posted by 人間座 at 22:50| Comment(0) | 日記

2015年08月07日

シアターリミテ第18回公演 を観て


  グッドナイト THE LAST KNIGHT
      原作 長谷川源太 脚本 今井川清流 演出 今井川清流

   2015.07.31(Fri)〜2015.08.02(Sun)   At Ningenza Studio

シアターリミテは、主宰する長谷川源太氏が作・演出・プロデュースする劇団で、その演劇のカラーは、一口で言うと「エンターテイメントファンタジー」だそうだ。
 劇団の歴史も二十数年とかなり長いようで、この狭い京都の地にあって、今まで観劇できていないのが不思議なくらいだが、今回が初めて観る舞台だ。
 さて、その舞台だが、ソツなく、隙間がなく、考え抜かれて組み立てられていて、見ごたえのあるものになっていた。
 話の内容は.....幕末の志士、新撰組局長近藤勇と沖田総司、その二人を追う篠原泰之進。一方、現代の東京、不登校のカナリとその母と、カナリの学校の教師。この二組が、何故かタイムスリップして東京駅で出会い、最新型クルーズトレイン「さきがけ」に乗り込む.....というものだ。

 長谷川源太氏は、演劇にのめり込んでしまった人間の一人のようで、作・演出・俳優となんでも一人で出来てしまう能力のある方のようだ。
 長谷川氏が求める舞台は、奇想天外な発想が窺われて好ましいのだが、俳優がそれに追いつけないというか、追いかけるのに必死にみえて、喜劇的なものを創りだす難しさを感じた。
 また古い世代の俳優と若い世代の俳優の演技が、はっきり二分されていて、全体として一つになって高まっていくことが薄らいでいるようにも感じた。

 シアターリミテさんの精力的な活躍に期待しています。

                  P1020074.JPG
posted by 人間座 at 17:07| Comment(0) | 日記